top of page
DSC02060.JPG

垂直設置

垂直設置は「ソーラーフェンス」とも呼ばれています。これは従来の太陽光発電システムに対する画期的な逆設計です。PVモジュールを平坦または角度をつけて設置する代わりに、垂直に取り付けることで、太陽光発電の利用に新たな視点をもたらします。

DSC02029.JPG

最適化された東西向きモジュール

2面性技術によりエネルギー生産が最大15%向上

モジュールの2つの面が東西に面しているため、

発電量のピークは午前中と夕方です。使用する

2 面モジュールによっては、5%から15%高い発電量(kWh/kWp)を達成可能です。つまり、弊社の発電は、技術的観点において従来の南向き発電より進歩していると言えます。

DSC02025.JPG

コンセプトの背景としては、太陽光発電モジュールを垂直に配置することで、両側からの日射が可能であるということが挙げられます。2面モジュールは東西に面しているため、発電は主に朝と夕方に行われます。

垂直設置型ソーラー 
モジュール設置

2面モジュールによる朝夕のエネルギー生産

solar-2344550_1280.jpg
Graphics of what is possible with Vertical Solar

遮音壁と持続可能エネルギー

騒音削減と再生可能エネルギーの組み合わせ

お問い合わせはこちら

bottom of page